【コラム】富士山は静岡のもの?山梨のもの?

こんにちは。
セントビレッヂ小池優太郎です。

 

 

 

今日はもしかしたらブログで書くのは危険かもしれない、
非常にデリケートな話をしたいと思います。。。

 

 

 

富士山周辺に住むの人々の永遠の議題…

 

 

 

 

 

富士山は静岡のものなのか?山梨のものなのか?

 

 

 

 

 

 

 

静岡県民、山梨県民にとってはアンタッチャブルなこの話題。

 

子供じみてるかもしれませんが、
テレビなどでも取り上げられますし意外と真剣に考えている人は多いはず。

 

 

 

 

さて、皆さんはどちらのものだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

静岡『山梨県側からの富士は「裏富士」じゃねーか。静岡からの富士は「表富士」だからな』

 

 

 

山梨『こっち側からの富士山の方が綺麗なんだよ!お札だって山梨側からの風景だし

 

 

 

 

 

 

双方の言い分は真っ向から対立し続けています。

山梨県民の私としては、「富士山は山梨のものだ!!」と声高々に言いたいところではありますが、いつまでたっても争いは絶えません。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな不毛な争いにある一つの答えが現れました。

 

 

 

 

 

 

 

実は富士山の山頂は「浅間神社」という神社の境内となっており、
静岡・山梨どちらの住所でもありません。

 

 

 

山頂は神社のものなのです。

 

 

 

皆さん知ってましたか?

 

最近だと話題になることも多いので知ってる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

な〜んだ!

 

 

 

 

 

じゃあ富士山は静岡のものでも、山梨のものでもないんだね!

 

 

 

 

静岡と山梨の不毛な戦いは終わり!めでたしめでたし♪

 

 

 

 

 

さあ帰った帰った!

 

 

 

 

 

ここまでは醜い争いを鎮めるための、表向きの話。

 

 

 

 

 

 

 

実はこの話、続きがあります。

 

 

 

 

この浅間神社、富士山周辺に幾つかの社がある富士山を祀る神社であります。

 

 

 

 

 

もちろん静岡にも山梨にも社がありますが、この神社の総本宮があるのは静岡県富士宮市。

 

 

また、富士山山頂にある浅間神社に住所はありませんが、郵便番号と市外局番は存在し、
管轄は双方とも静岡県富士宮市。

 

 

 

 

 

 

 

えっ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一度言いましょう。

 

 

 

 

 

浅間神社の神社の総本宮、そして山頂の電話・郵便の管轄は静岡県富士宮市です。

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「富士山は神社のものだったんだね!ならしょうがないか!まあ山梨から見る富士山のが綺麗だけど!ハハハ」

 

 

 

とか言ってる山梨の同胞の前では決して言えないこの事実。

 

 

 

富士山は神社のもの。

 

 

 

 

 

 

けれどその神社は実質静岡管轄。

 

 

 

 

 

 

 

つまり富士山は静おk・・・

 

 

 

 

 

 

 

以上、小池でしたー!