【お仕事紹介】賽の河原

こんにちは。
セントビレッヂ小池 優太郎です。

 

 

いやはや、早いもので12月も終わりですね!

 

 

 

皆様のおかげで本年も良い年になりました。ありがとうございます。

 

 

 

私は今非常に晴れやかな気持ちで2017年の終わりを待つ状況です。

 

 

 

 

なぜって

 

 

 

 

 

木の葉が綺麗に落ちきったおかげで

 

 

 

 

 

 

 

落ち葉清掃をしなくとも良くなったからです!

 

 

 

 

 

 

セントビレッヂの敷地内はまあ木が多い。

 

 

 

 

テニスコートには秋になるとバンバン葉が落ちる白樺が。

 

 

 

クラブ正面エントランスには細くてうっとうしい針葉樹のが。

 

 

 

 

 

まあ多い。

 

 

 

 

 

お客様方に気持ち良く使用して頂こうとサッサ掃いたコートも
2、3日すれば雨あられと降り注ぐ落ち葉の雨でまた元の木網。

 

 

 

 

コンクリートジャングルに住まう方々にはわからないかもしれませんが、
1本2本まならまだしも、数十本からなる木の落ち葉清掃ときたら・・・

 

 

 

 

 

終わりの見えない苦行のようなものです。

 

 

 

 

 

掃いては降り

 

 

 

 

 

 

掃いては降り

 

 

 

 

 

 

掃かなくても降り

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめて回収しようと集めておいた落ち葉の山も
秋の気まぐれな木枯らし一つで吹き飛び・・・・

 

 

 

 

 

ワンパンでチャラ☆

 

 

 

 

 

 

私何か前世で悪い事でもしたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

賽の河原状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、木といえど一応いきもの。

 

生命の輪の中のひとつです。

 

 

その輪をつなぐ大義こそ私の使命だと言い聞かせ・・・

 

 

 

これも立派なお仕事。

 

 

 

 

来年も精魂込めてやっていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

あー

 

 

 

 

 

 

全部枯れないかなー

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・冗談です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、冗談です( ^ ^ )